top of page

赤ずきんちゃん キャビネット                           (W20xD13xH32cm)

森でオオカミと出会った場面が描かれた、ハンドステンシルの小皿やスープ皿やスーピエール。​

大切に収納したくて陶器とサイズを合わせデザインした「赤ずきんちゃんのキャビネット」です。

赤ずきんちゃんは17世紀にフランスで口承文芸を文字にしたおとぎ話が始まりですが、19世紀にはドイツの

グリム兄弟がストーリーを書き加え、猟師がオオカミのお腹から赤ずきんちゃんとおばあさんを救い出しました。

​フランス製のアンティーク布に猟師は登場しませんが、ドイツ製の布には猟師と犬が登場しています。

 

bottom of page